震災から2年目の春

ようやく春らしい陽気になりました。
長い冬の間、土の中で春を待ちわびていた草花達が
一斉に顔を出し始めています。
温暖な湘南では、もう早咲きの桜が咲き始めています。

私はこの春の温かさを想う時、
あの日の東北は、3月といえども
雪の降る氷点下の凍える寒さだったことを。

あの日から、私は
春の温かさを感じるとき
あの日の凍える寒さの中を耐えた方々のことが浮かびます。

私は、あの日から
青空を見上げると
この青空の続く先に
被災した大地と被災した方々がおられることを思います。

あの日から2年。
私達それぞれの胸に
それぞれの想いが去来していることと思います。

あの日から2年。
被災した方々の悲しみ苦しみ焦燥感は
区切れるものではありません。
復興もこれから先、時間がかかるものです。

この先も
私たちは、東北の被災地のことを
身近な友人のことを気遣うように
大切な家族のことを想うように

「どうしているだろうか。元気だろうか。
 がんばっているだろうか。」と思い続け

被災地にいつかきっと来る心の春の兆しを
共に喜びあえる日まで
心を通わせ寄り添っていける私たちでありたい。

東北の再生が日本の再生につながり
東北の人の心の春が日本人の心の春に向かってゆくのだと思っています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

震災から2年。
風評被害はなくならず、
そして
被災地への関心が薄らぎつつあるといいます。

しかしそれでいいのでしょうか。

私たちは深く考える必要があります。

被災地の再生、
福島の自然、森と水と土を
元のような美しさに取り戻すことが出来るかどうか
私たちにそれが全力で出来るかどうかが日本の未来の行く末に
大きく関わっていると思えるのです。
つまり、私達日本人は東北を見捨てない、見放さない。
真っ向から向き合い、全力を尽くしていく。
東北の問題を共有して共に助け合って解決していくという有り方が
出来る私達かどうかが
これからの日本が抱える大変な高齢少子社会などの大きな問題を
乗り越えていける私たちであるかどうか試されているのではないでしょうか。

自己の幸せだけを見つめていては
本当の幸せは得られません。
不都合なことに目をそむけ
人の不幸に無関心で
自分の幸せだけに関心が向いていることでは
真の心の平安は得られないと思うのです。

問題から逃げず
問題を共有して
共に助け合って解決する先に、

人の信頼の基礎に、

心の安らぎのある暮らし
希望の持てる社会があるのだと

私は思います。
         合掌


P1020657_convert_20130311002722.jpg
小さなクリスマスローズの苗を自宅の花壇に植えてから
花を付けずに5年経っていました。
ところがこの春、茂った葉の間から花芽が出ていたのです。
途中、もう花は咲かないのかもしれないと半ば諦めながら
それでもいつか咲くかもしれないと思って
水を絶やしたことはありませんでした。
うつむいたように咲く可憐なクリスマスローズ。

生きていればいつかは咲くのだと
教えられた春です。

Spring has come !

こんにちは。

「春」の語源は
ひと雨ごとに草木の芽が“張る”から来ているそうです。

今、ここ湘南では梅が満開で、ほのかな甘い香りを放っています。
拙宅の鉢植えの枝垂れ八重梅も
桃色の愛らしい花を
咲かせてくれました。

春風さんをお招きして
草木柄の器達で
お茶会を始めるところです。

P1020614_convert_20130305014535.jpg

(キャニスター、オーレボール、ピッチャー大・小、
チューリップのじょうろ、チューリップのレモン絞り器)
注)販売はしておりません。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~

<お知らせ>

リンク先の
「IDELWILD ペンギンのいる生活」ですが
今までのBBSは休止され、
ブログとして新春スタートなさいました。

繊細な感性が生み出した
独創的な世界が繰り広げられ
ユーモアとウイットが溢れ、夢と希望に満ちています。

IDELWILDに訪れた者は誰でも
少年少女の頃のワクワクした気持ちになれると思えます。

新しくなったアドレスをご紹介いたしますので
是非、“お気に入り”に登録してくださいね。

IDELWILD ペンギンのいる生活

ある日の食卓<鉢ものと冬のおかず>

「一蝶さん、ペンギンの器を使ったお料理を教えてください!」という声が
この頃、よく寄せられます。
そこで、これから時折、簡単なおうちご飯を紹介したいと思います。
今回は寒い冬に身体を温め滋養強壮によい食材を使ったスープです。

“鳥手羽先の薬膳スープ”in 鉄鉢(ひょうたんと海老)

P1020590_convert_20130123050755.jpg
P1020591_convert_20130123050836.jpg


大体の作り方です。
ご参考になさってください。


材料 4人前 中鍋1杯分

鳥手羽先 10本~12本
だいこん 約四分の1本
きのこ(エリンギがお勧め)
ネギ 1本
にんにく ひとかけ~ふたかけ
しょうが ひとかけ ※注)多く入れすぎない
クコの実 適宜
鶏ガラスープ

塩 

大体の作り方

鳥手羽先はあらかじめ素焼きしておく。
だいこんは手羽先と同じくらいの大きさに切って
面取りし、下ゆでしておく。
ニンニク、しょうが、ネギはぶつ切り。

鍋を熱してサラダ油を引く。
弱火で、にんにく、しょうが、ネギを入れ、
じっくり炒め香りを引き出したところに
きのこ(エリンギ)を入れ、軽く炒めたところで
鶏ガラスープと酒を流し込む。

ここに、素焼きした鳥手羽先と大根を入れる。
煮立たせた状態で煮込む。
アクが浮いてきたら丁寧にすくう。
クコの実を入れて30分ほど煮る。

味見をして、お塩で味を調える。

<ポイント>

大根は下ゆでしておくほうが、汁がよく沁みておいしい。

酒は、臭み消しのために入れるため分量は適宜
(私はだいたい大さじ2杯くらいいれてるかな)

鶏ガラスープは、市販の顆粒を溶いたものでOK。

素材の味を生かすため、
スープのお塩加減は薄味で〆るのがGood!

<ひとこと>

スープがとてもおいしいです。(^^)
にんにく、しょうが、ネギの香味野菜から出た
スパイスのきいた風味があります。
また、手羽先の骨からもだしが出るので
こくもあります。

また、
ショウガだけは、ひとかけ以上入れないように。
スープが辛くなりすぎるので。
特に小さいお子様のいるご家庭ではショウガの分量を
少なめになさったほうがよろしいです。
そして
お子様用に盛る時は、ショウガを除いて出してあげてください。
(口に入れるとカライので)

コショウは入れません。
香味野菜からのスパイスがきいています。


私の料理はいつも目分量(だいたいの勘)で作っているので
分量が正確でなくてすいませんが
どなたでも簡単に失敗なく作れる一品だと思います。


そのほかに
身体を温めるショウガを加えた旬のお料理で
“ブリ大根”in 大鉢

寒い今が旬のブリ。
旬の食べ物はおいしいだけでなく、
その季節の天地自然が生み出したものは身体にもいいんですね。

P1020598_convert_20130124035051.jpg


ペンギン大鉢は汁物だけでなく
お野菜&お魚(お肉)の煮物にもお勧めですよ。(^^)

作り方は、割愛します。
クックパッドなどのインターネットのレシピを参考になさってください。
(ここでも作り方のこつは、大根は下ゆでしておくことですよ)


Happy Life & Dreaming Table
“ペンギンと一緒の幸せな暮らし & ペンギンの器で夢見る食卓”

心の豊かさ、喜び
そして健康をもたらしてくれるペンギンの器達です。

宝物

一蝶の宝物は、ペンギンファンの方々との心温まる交流とお手紙です。

P1020580_convert_20130119115700.jpg

ペンギンファンの方々から年末年始にいただいた“切り絵”と“絵手紙”。

ひと文字ひと文字、丁寧に手書きで綴られたメッセージと
創作した絵を届けてくださる。

文字と絵の上をそっと指でなぞってみると
温かい“人のぬくもり”が伝わってきます。

********************************
そして
児童画の好きな一蝶から
ご紹介したいサイトがあります。


「子供地球基金」
KIDS EARTH FUND

KIDS HELPING KIDS(子供たちが子供たちを救う)
をスローガンに活動を行っている団体です。
世界中で行うアートワークショップで描かれた絵や
子供たちから寄贈される絵は
Tシャツやカレンダー等のデザインとなり、
その収益金を世界中の子供たちへ還元しています。

サイトには世界中から寄せられた子供たちの絵が一杯詰まっています。

2013年 あけましておめでとうございます。

P1020569_convert_20130101140538.jpg

 明けましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                   一蝶

P1020566_convert_20130101005500.jpg
初春の干菓子と和三盆
<やっこさん凧・鶴・亀・羽子板・寿・へび>

小さい秋♪

こんにちは。
街を歩いていると、どこからともなく金木犀の香りが漂ってきます。
長かった夏が去り、ようやくよい陽気になりました。
この束の間の秋。自然や暮らしの中に小さな秋をみつけて味わいたいものです。

私は海沿いの湘南に住んでおりますが、漁業だけでなく
少し内陸に入れば、まだ畑や田んぼが残っており、のどかな風景に出会えます。

↓保育園の園児達の花壇。
さつまいも掘り、皆でやりましたよね~。懐かしいですね。
P1020377_convert_20121016153315.jpg

ポンポン菊、満面の笑顔いっぱいです。
P1020378_convert_20121016153417.jpg

***********************************************
穏やかな秋日和。ふらりと真鶴根府川方面へ出かけた折りに
寄った先のホテルのラウンジの壁面に掲示されていた2枚の児童画。
絵からは希望と優しさ、郷愁が溢れていて
構図も良く、
とてもよい絵だと思いましたので、ちょこっとご紹介します。

里見真さんの絵「無題」
水平線の先に果てしない世界が広がっているのを感じます。
P1020379_convert_20121016153531.jpg
P1020382_convert_20121016153627.jpg

秋山竜太さんの絵
「家族とミカン狩り」
P1020384_convert_20121016153725.jpg
家族の表情や姿をよくみて表していますよね。
温かい家族のようすが伝わってきます。
家族皆で採ったミカンの味は、さぞやおいしかったでしょうね♪
P1020385_convert_20121016153814.jpg

それでは、また・・・。
季節の変わり目には体調を崩しやすいので
皆さん、どうぞお身体にはお気遣いくださいね。  一蝶

地球の子

unicefでは毎年、世界の子供たちの児童画カレンダーを出しています。
こちらは2013年8月用.
Suzuki Erigちゃん(Japan 12歳)が描いた絵です。
P1020371_convert_20121009110352.jpg
P1020372_convert_20121009111756.jpg

国や言葉が違っても
私たちはみ~んな地球の子。
地球は一つ。

この絵のように皆なかよしで平和な地球を
紛争の無い、悲しみに覆われることのない地球を
心から祈り願います。     一蝶

残暑お見舞い申し上げます。

残暑お見舞い申し上げます。

P1020319_convert_20120815142552.jpg

秋の花「りんどう」がつぼみをつけていました。
空の色、虫の音、草花達の様子に心を向けると
もう、そこまで秋が訪れてきているのを感じます。

“一輪ざし箸置き(一蝶美術制作)”
ちっちゃな花瓶としても可愛い、
季節のお花を一輪、生けて愛でる箸置きです。
ペンギンが、自分もお花を生けようと
一生懸命這い上がっている姿が“けなげ”で可愛いです。


並んでいるのは
0系新幹線ひかり号箸置き(“箸ギャラリー門”製)
(これは、電車好きな私の趣味です。(^^))

※一輪ざし箸置きは
 今のところ、販売はしておりません。

                        一蝶

桜の季節

新作ペンギンメタルチャーム「動物さんラッキーチャーム」。
                    
P1010884_convert_20120406152307.jpg

※こちらのグッズは、アトリエりぼんブログ会員優先販売品です。

アトリエりぼんのブログを閲覧するにはパスワードが必要です。

(現在、アトリエリボンブログ会員は募集しておりません。)
                            一蝶

2012明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

P1010836_convert_20120101142628.jpg
<花器:ペンギンウエディングボトル>
<花材:バラ、かすみ草、ポンポン菊(緑、ピンク)、柳(金塗、銀塗)>
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
今年の祈り

新年一月一日。
気持ちを新しく入れ替える時。
昨年までのことを省み、新しい年の計画や心がけを
静かに考える節目の時。

皆さん、この節目をどういうお気持ちで
過ごされたでしょうか。

今年、結婚や就職、子供が生まれるなど
幸せな未来をスタートされる方々は明るい希望に
満ちた新年をお迎えのことと思います。
末永いお幸せをお祈りしております。

一方、病気や悩み事で晴れやかな新年を迎えられない方々も
おられます。
どんな長いトンネルも抜けないトンネルはありません。
辛いことや心配事に耐えつつ、希望を忘れずにいれば
いつかはトンネルを抜ける日が訪れます。
どうか希望を持って過ごしていただきたいと願っています。

人生は平穏な幸せばかりではありません。

そういう時に、
励ましてくれたり
慰めてくれたり
じっと話を聞いてくれる

たった一人でもいい、
そういう人が
皆さんの傍にいてくれることを

私は祈り願っています。

            一蝶

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

昨年の暮
アトリエへいらしたお客様から
花束をいただきました。
東京はお正月用の小菊などの日持ちのよい花達が
すでに花屋さんから姿を消していた後だったそうですが
お残りしていた花だったとはいうものの
見れば可愛らしい花達。
さっそくいただいた花束をほどいて
お礼の気持ちを込めて、その場で生けました。
P1010826_convert_20120103121548.jpg


黄色い花はアルストロメリア(百合水仙)。
松の長い枝にハサミを入れて
自然に生える松の流れのように。
銀塗の柳はまるめて、
花束を結んでいたリボンを使ってまとめました。
赤いガーベラがポイントできいています。

ただ、花瓶にポンとひとまとめに入れるよりも
お花のひとつひとつの個性を考えて生けると
ずっと生き生きとして見えます。

いただいたお花(束)を
しばらくほっておく人をみかけますが
お花はすぐに、お水に入れてあげて
息をつかせてあげましょう。

お花ひとつの扱いで
その人の心の内がわかります。

また今年も磁器で花入れを作りたいですね。

注)アトリエは一般の方のご来訪は出来ません。
  
プロフィール

一蝶さん

Author:一蝶さん
さかざきちはる展のことや季節の話題等をお伝えしています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR