年賀状に想う

きょうは年賀状におもうことをお話させていただこうかと思います。

 一蝶のアトリエへも少しづつペンギンファンからの
お年賀をいただけるようになり、嬉しく思っています。

慣れない筆ペンの先に苦労した様子が伝わってくる文字、
細かい字で一生懸命書いてくださっている文字、
どれもが心に沁みてきます。

こうして皆さんからいただいたお手紙やお年賀は
一蝶のアトリエの棚に一枚一枚飾って大事にしてあります。

感心することは
皆さん、文章も宛名も手書きで書いてきてくださるところです。

年賀状。
一蝶のところへも、知り合いの方々からいただく年賀状に
表も宛名もワープロ印刷のものが目につく昨今です。

子供が小さいうちは、子供の写真。
子供の成長とともにそれが無くなり、
こんどは既成の図柄の印刷とワープロ文字の定型文。
宛名面もワープロ文字、これオンリー。

これでは、ダイレクトメールと同じです。

せめて直筆で、「お元気ですか」「がんばってます」
「お互いがんまりましょう」とかなんでもよいです。
一言、添えませんか。
そして願わくば
年賀状の宛名は、直筆で相手のお名前を書きましょう。
どんな字でも構わないのです。うまい下手ではありません。
せめて一年に一度の年賀状ですから
礼と想いを込めましょう。
ダイレクトメールならいっそ出さないほうがよいと思えます。

そもそも年賀状とはどういうものでしょうか。
年の瀬に、机に座り、ペンをとり
年賀を出す相手の顔を想いうかべ、
相手との関わった日々の記憶を思い出しながら
どうしているだろうか、達者だろうかと安否を気遣いながら
心静かに、今年の自分のことを振り返り
来年の自分の志を新たに考える時間なのです。

年賀状を書くということは、大事なセレモニーなのです。

どんなことでもいいです。
自分のことを書いてください。
こうだったよ、ああだったよ、君はどうしてる?、と。

生きてるんですから。
共に今を生きているんですから。

毎年の年賀状。
何か一言でもいい、近況を書いて伝えられるような
生き方が出来る人であって欲しいと願います。

(それではまた、このへんで) 一蝶




 
プロフィール

一蝶さん

Author:一蝶さん
さかざきちはる展のことや季節の話題等をお伝えしています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR