丸重ペンギンの学校「体育館」&箸置きお道具セット

ペンギンの学校シリーズ第三段

丸重
ペンギンの学校「体育館」&箸置きお道具セット

お申込みが制作準備数に達したため、受付を締め切りました。

※こちらの作品は、
一蝶自らが絵付け焼成を行いますので、制作にお時間を頂戴いたします。
店頭ではご希望の受け付けを行い、お仕上がり後、お渡しいたします。
お仕上がり予定は8月末を予定しております。
ご了承ください。
詳しくは、有隣堂アトレ恵比寿店でご案内申し上げます。

P1020206_convert_20120712204240.jpg


P1020213_convert_20120712204627.jpg

P1020215_convert_20120712204735.jpg

P1020216_convert_20120712204809.jpg

P1020217_convert_20120712204841.jpg

P1020219_convert_20120712205500.jpg

P1020211_convert_20120712204508.jpg

P1020212_convert_20120712204548.jpg

P1020214_convert_20120712204701.jpg


箸置きカトラリーセット

箸置き 
「ピストル」「フラッグ」 
P1020220_convert_20120712205539.jpg

箸置き
「跳び箱」
P1020223_convert_20120712205714.jpg
P1020224_convert_20120712205747.jpg
(和食屋さんで、こんな風にして御膳にのってきたことがありましたので
 真似してみました。)
P1020239_convert_20120712210454.jpg

カトラリーレスト
「綱引き」
P1020221_convert_20120712205612.jpg
P1020222_convert_20120712205643.jpg

御道具はこんな風に、みーんな御片づけ出来るんですョ。
P1020225_convert_20120712205831.jpg

丸重&箸置きセットは制作準備数を越えましたのでお申込みを締め切りました。
お申込み有難うございました。
心を込めて制作いたします。しばらくお待ちくださいませ。
きっとペンギンの体育館&御道具セットは
皆さんの想像力を膨らませ楽しい世界に誘ってくれることと思います。
一生、おそばに置いて、自分と愛する人たちの幸せの為にお役立てください。


<一蝶から皆さまへ陶磁器の制作でお伝えしたいことがございます。>

かつて日本が世界に輸出し、日本の産業の一翼を担っていた
陶磁器ですが、いまは日没の光の中にいるがごとく、衰退の一途をたどっております。
品質の高い製品を作っていた窯元さんは次々と廃業し、また陶磁器に携わる一連の人たちの
良いものを作ろうとする士気は低下しております。
その中でありながら、陶磁器の良さを後世に残しておきたいと
作品を送り出している一蝶美術の苦労は、はかりしれないものがあります。

陶磁器の形フォルムに是非これを手がけてみたいと
心惹かれるものをあちこち探して選び
かつ品質をみきわめた上で採用することを決め
そして、その形の上にのせる絵柄のデザインの選定から
絵付けには特に精魂を注いでおります。

ペンギン陶磁器の絵付けは、転写紙を貼る技法で絵付けを施しておりますが
この転写紙を貼る仕事をしているのが上絵付けの貼り子さん達なのですが、
今は、平らなものに平らに貼ることしかできない人ばかりで
つまり、転写紙を貼る上絵付けの仕事は、販促品やチェーン店の飲食店の仕事が多く
そういう仕事は、貼る位置もだいたいの目見当で貼れる。
時間で大量に流れ作業で貼る仕事が今の貼り屋さんの仕事の主流です。
有名キャラクターの絵柄であってもほとんどが、ワンポイント。
それも皿にマグカップばかり・・・・。
そういう仕事ばかりを通常こなしそれに慣れてしまっている貼り子さんたちには
一蝶美術のこだわったデザインで、貼るのに神経を使う物は、貼る感覚がない。

一蝶美術のペンギン陶磁器のデザインは異彩を放っており
この仕事が出来る絵付け屋さんは、どこを探しても
もういないといっていい状況です。美術的な要素のあるものを貼れる人がおりません。
特に、この段重と箸置き(の中でも跳び箱)は、高度な貼る技術と
細やかな神経を要するので
このデザインの意図を汲んで正確に美しく貼れるのは、
こういうデザインを考案した当人である私しかおりません。

よって、私自身が貼って皆さまにお届けいたしますので
お時間を頂戴いたします。

そして、これからもこの状況は一層厳しいものになっていきます。
一蝶美術の制作品の高みを落とすつもりがないとなると
今後、私自身が絵付け焼成する機会が増えていくことになります。
すると、展覧会の開催時に、ご希望の方の数量をご用意するのは
不可能になりますので、制作にお時間をいただき、後日、お渡しするケースが
増えていきますが、どうかご理解ご了承くださいますようお願い申しあげます。
プロフィール

一蝶さん

Author:一蝶さん
さかざきちはる展のことや季節の話題等をお伝えしています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR