2012明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

P1010836_convert_20120101142628.jpg
<花器:ペンギンウエディングボトル>
<花材:バラ、かすみ草、ポンポン菊(緑、ピンク)、柳(金塗、銀塗)>
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
今年の祈り

新年一月一日。
気持ちを新しく入れ替える時。
昨年までのことを省み、新しい年の計画や心がけを
静かに考える節目の時。

皆さん、この節目をどういうお気持ちで
過ごされたでしょうか。

今年、結婚や就職、子供が生まれるなど
幸せな未来をスタートされる方々は明るい希望に
満ちた新年をお迎えのことと思います。
末永いお幸せをお祈りしております。

一方、病気や悩み事で晴れやかな新年を迎えられない方々も
おられます。
どんな長いトンネルも抜けないトンネルはありません。
辛いことや心配事に耐えつつ、希望を忘れずにいれば
いつかはトンネルを抜ける日が訪れます。
どうか希望を持って過ごしていただきたいと願っています。

人生は平穏な幸せばかりではありません。

そういう時に、
励ましてくれたり
慰めてくれたり
じっと話を聞いてくれる

たった一人でもいい、
そういう人が
皆さんの傍にいてくれることを

私は祈り願っています。

            一蝶

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

昨年の暮
アトリエへいらしたお客様から
花束をいただきました。
東京はお正月用の小菊などの日持ちのよい花達が
すでに花屋さんから姿を消していた後だったそうですが
お残りしていた花だったとはいうものの
見れば可愛らしい花達。
さっそくいただいた花束をほどいて
お礼の気持ちを込めて、その場で生けました。
P1010826_convert_20120103121548.jpg


黄色い花はアルストロメリア(百合水仙)。
松の長い枝にハサミを入れて
自然に生える松の流れのように。
銀塗の柳はまるめて、
花束を結んでいたリボンを使ってまとめました。
赤いガーベラがポイントできいています。

ただ、花瓶にポンとひとまとめに入れるよりも
お花のひとつひとつの個性を考えて生けると
ずっと生き生きとして見えます。

いただいたお花(束)を
しばらくほっておく人をみかけますが
お花はすぐに、お水に入れてあげて
息をつかせてあげましょう。

お花ひとつの扱いで
その人の心の内がわかります。

また今年も磁器で花入れを作りたいですね。

注)アトリエは一般の方のご来訪は出来ません。
  
プロフィール

一蝶さん

Author:一蝶さん
さかざきちはる展のことや季節の話題等をお伝えしています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR