鑑定!ヤフオクで再会した懐かしいカップの話

これだけ、さかざきさんの描いたものに接していると
さかざきさんが本当に描いたものか描いていないものかは
線と雰囲気でわかる。

少し前の話になる。

ヤフオクの「さかざきペンギン」の一覧に
珍しいものが出ていた。

小さなペンギンが写っているカップ&ソーサーだが
なぜか暗くぼんやりとした小さな画像で、絵柄が分かりづらい。
出品者の紹介記事には、以前、さかざき展で買ったと思う・・・、
自信なさげが伝わってくる品物だった。

目を凝らして画像を見ると
ヤヤッ、「さかざきさんの直筆カップ&ソーサー」
<星>と<月>に間違いなかった。

さかざき展が始まって2年目に
展示を盛り上げようと出したもので
制作は10個ほど。
当然、あっという間に店頭から姿を消した。
今となれば幻の手書きカップ&ソーサーだ。

しかし、当時
ペンギンと一緒に描かれていた<星>と<月>が無い。

無いけれど、これは間違いがなかった。

<星>と<月>はどこにいったのだろう。
たぶん、これは陶芸用の手書きペンで描いたものなので
たわしでゴシゴシすると薄くなって取れてしまう。

そういうことも含めて
これは正真正銘、本物。

薄暗い画像をどうやって判断したのだろうか、
落札していった人の目利きに感心する。

(それでは今日はこの辺で、またね)










プロフィール

一蝶さん

Author:一蝶さん
さかざきちはる展のことや季節の話題等をお伝えしています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR