2017春メイン陶磁器作品「ちょい呑みセット」

進化を続けてきた陶磁器。
今回は、アールデコ風にチャレンジしました。
漂う詩情に抽象と具象が融合して
独特の美しく可憐な世界が現れました。

こびとになって
この詩情豊かな世界で
いつまでも いつまでも 遊んでいたい
そんな気持ちになる器です。

最近は、お家で 好きな肴とお酒をいただく
‟家呑み”が人気らしいですね。
そこで、ちょこちょこ美味しいおかずを盛りつける
小さな器たちを作ってみました。

『 ちょい呑み 』 セット
☆ 里山遊歩
☆ 海中遊泳

安らぎのひとときのお供に どうぞ。

***************
(ご予約承り品)

 『 ちょい呑み 』 セット

☆ 里山遊歩

里山の風情を表現しました。

里山さんぽ
3連丸プレート
「花筏(はないかだ)」
川面に散った桜の花びらが連なって流れていく様子です。

さと3
さと2

3連プレートは、このままお皿としてお使いいただけますし
次のように、セットのトレーとして お使いいだけます。

さと5

さと6

さと7

さと8

さと9


「早蕨(さわらび)」
早蕨は熨斗の形に似ており、縁起のよいモチーフとして使われています
わらび1
蕨の茎と葉です。
わらび4
わらび3

わらび2


「吹き寄せ」<富貴寄せ>
秋の風は里山の木々の葉を色づかせ
舞い散った葉っぱの吹き溜まり(吹き寄せ)をつくります。
吹き寄せを語呂合わせから<富貴寄せ>とし
縁起のよいモチーフとして使われています。
ですので季節を問わず桜などの春の花を加えることもあります。
松葉1

松葉3

松葉2



「とんぼに秋草」
秋草は「女郎花(おみなえし)」と「忍草(しのぶぐさ)」です。

女郎花は秋の七草です。
「思い草」ともいわれ
「をみな」には、若い女、愛くるしい乙女の意味があり
「万葉集」や「古今集」などにも詠まれています。

忍草はシダのことです。
葉の裏側に多くの胞子をつけているところから
子孫繁栄の模様として喜ばれ
また、「偲ぶ心」にかけて恋の歌にも詠まれます。
とんぼ1

とんぼ2

とんぼ3


『 ちょい呑み 』 セット

☆ 海中遊泳

三連2 (2)

三連2 (1)
三連3

三連4

三連5

三連7 (1)
三連7 (2)

三連8

三連9


さんご1

さんご3

さんご2

岩1

岩2

岩3

岩4

岩7

岩8

貝2 (2)

貝2 (1)

貝5

貝4 (1)

貝4 (2)

プロフィール

一蝶さん

Author:一蝶さん
さかざきちはる展のことや季節の話題等をお伝えしています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR